OB会概要

<目的>
修了期によらずOB同士、ひいては在学生や先生方との間で、ビジネス面で相互補完し助け合う、新たな出会いを得る、新たな視点を獲得する、具体的な仕事の依頼先(依頼元)を見つける、人材を発掘する、人脈を形成する、先生方との旧交を温める・・・など、「つながりの場を提供する」ことです。

<規約>
第1条(名称) 本会は、「法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント専攻OB会」(以下、「IMOB会」)とする。

第2条(目的) IMOB会の目的は、会員間の相互の親睦を深め、法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント専攻と相互に協力できる関係性を構築し、同専攻の発展に寄与することである。

第3条(活動) 本会は、上記の目的に則り、以下の活動をおこなう。なお、本書に記される、全ての諸活動に対し実行の義務は無く、IMOB会、または、IMOB会員の任意で行われるものとする。

(1) 会員相互の親睦のための定期的な集会の開催
(2) 法政大学および専攻教員と連携した諸活動
(3) イノベーション・マネジメント専攻在学生のプロジェクトに関する支援
(4) イノベーション・マネジメント専攻入学志望者へのアドバイス
(5) 在校生・卒業生に対する起業および新規事業活動への協力とアドバイス
(6) その他本会の目的に沿った諸活動

第4条(会員) 本会は、下記の会員により構成される。

(1) 法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント専攻を卒業した者
(2) 同専攻に在籍し、中途退学した者

第5条(組織)

(1) 本会は、本部を法政大学経営大学院内に置く。
(2) 本会は、総会で役員を選出し、役員会を組織する。

第6条(総会) 総会は年2回、本会会長が召集し、次の事項を審議、決定する。総会の成立は出席者(委任を含む)が1/3を超えたときとする。

(1)  運営経過報告
(2)  役員の選出と承認
(3)  規約改定に関する事項
(4)  その他必要と認められる事項

第7条(分科会)分科会は、本会の目的を達成するために、会員が自主的に小集団活動をおこなう場とする。分科会は代表者を設け、本会役員会に分科会の登録を行ない、本会との連携を図るものとする。

第8条(役員会) 役員会は必要に応じて会長が招集し、IMOB会に関する企画および業務を遂行する。また、総会で承認された案件の実施円滑化を計る。役員会の構成は、以下の通りとする。

(1) 会長(1名)
(2) 副会長(2名)
(3) OB会事務局 年次代表(各年次ごとに1~2名ずつ)
(4) 在学生代表(2名)

本会と大学との連携を図るためオブザーバーとアラムナイ担当教員も参加するものとする。また、アラムナイ担当教員は、IM専攻事務室への連絡も担当する。

第9条(任期) 役員会の構成員の任期は、1年とする。ただし、再任は妨げないものとする。